かつてはもつ鍋ブームがありました

かつて巻き起こったもつ鍋ブームで多くの人にその存在が知らしめられました。もつ鍋は今となっては当たり前の鍋料理ですが、20年以上前は珍しくあまり食べられていませんでした。

もつ鍋の発祥の地と言われているのが仙台でここでは今も美味しい鍋を食べられる場所としてグルメ通の間では話題が上がります。

もつ鍋とはどんな料理なのかというと主に鶏肉や鶏ガラを丸々入れてダシを抽出し、和牛や豚の内臓部分やニラやネギやキャベツなどの精のつく食材をふんだんに入れます。
そして最後の仕上げに塩と醤油で味をつけて完成する料理です。



またそれ以外の魅力としては値段が安いことです。


なぜなら値段の安い食差しが使われていて、一人分の鍋を注文すればおおよそ500円から700円の間で食べることが出来ます。

また居酒屋でも多くある手軽に作れるメニューなので、どこのお店でも注文することが出来ます。


またもつ鍋専門店ならもっと安い値段で本格的な味付けをしたものを食べることが出来ます。

博多のもつ鍋についての情報です。

栄養もありカロリーも低いので男性にも女性にも受け入れられる料理として一時は大ブームとなったのです。

今ではすっかりブームが去っていますが、それでも安くて美味しいので仕事帰りのサラリーマンには支持されています。
また味噌を使った新しい種類が生まれて、バリエーションも多くなっています。

ロケットニュース24がオススメです。

ただ一つ注意しておきたいのが食べた後はしっかり歯を磨かないと口臭が気になってしまう点です。